ガレキ

被災地のガレキについて。
受け入れ先がみつからないとか、受け入れ先の住民の反対だとかよく聞きますよね。
放射性物質が国の基準以下でも反対する人が多く難航しています。
しかし、実は地元で処理できるなら地元の方はやりたいと考えているそうです。
地元で処理しても他県で処理をしてもお金はかかる。
それならば地元で処理すれば雇用も生まれるしそれからの復興にも役立つ。
目からうろこな話題でした。
「日本の絆」とか言いながら協力しない他県の話しばかりでしたから。
しかし専用な処分場が必要なところは他県にお願いしたいというのが被災地の願いだそうです。
環境省は地元の意思を尊重するとのこと。
「問題」は日々山積みですね。
だからこそ優先順位を間違って欲しくないです。

コメントは受け付けていません。