口の渇きは万病の元

口の渇きは万病の元です。
ドライマウスをほおっておくと舌が割れたりカビが発生、極端な話しで死につながることになります。
口腔は3000万人中で4人に1人に疑いがあるとされています。
唾液の分泌が悪くなって口の中が乾きます。
渇いてヒビが割れてしまう、地割れ舌といってひりひりとした痛みが出て話すことが困難になる。
舌の表面は普通はでこぼこしているのに、唾液が出なくなってそのぼこぼこがなくなると、のっぺら舌になる。
乾燥によって舌の細胞がなくなってしまう。
舌にカビが生えてしまうことがあります。
唾液は口の中の殺菌の役割があり、それがなくなると炎症が起きてしまい舌にカビができてしまいます。
それをカビ舌といいます。
そのまんまのネーミングですね。(笑)

コメントは受け付けていません。