世界記憶力選手権

世界記憶力選手権なるものがあるのをご存知ですか。
記憶力は70歳や80歳になっても若者と競争できるそうです。
ちょっとというかかなり怖いですよ。
場所に単語のものを置くという方法も良いが、世界チャンピョンがやっている最強の脳トレジグリング、甘いものと食べる、睡眠両方、サイクリングの中でどれでしょうか。
海馬で新しい細胞を作り出すとされているのはサイクリングです。
でもサイクリングだけではありません。
ジョギングも必要です。
記憶トレーニングをして半分は運動をするのが一番だそうです。
一番大事なことは有酸素運動でした。
平均年齢68歳で、有酸素運動をしなかった場合は海馬の大きさは一年間で下がっていくが、有酸素運動をしている人は2%もアップしました。
健康には有酸素運動は必要だと言われてきますがまさか記憶にまで良いなんて驚きですね。
認知症のリスクを半分にするというのもわかっています。
記憶力に自身を持つ、有酸素運動を続ける。

コメントは受け付けていません。