事件は野球場で。

本日行われたワールドベースボールクラッシック準決勝戦。
日本VSプエルトリコ戦はプエルトリコの勝利で終了しました。
ちらっとしか見ることはできませんでしたが打線がぜんぜんダメでしたね。
8回には追加点や逆転のチャンスがありましたけど、なにが悪いのかミスがあって結局追加できず。
日本は負けてしまいました。
しかしそのあとのニュースに私は注目しています。
日本は負けたあとに監督やコーチと選手が一列にならび一礼をしました。
日本ではけっこう見られる光景ですよね。
それをWBCのサイトでは、「相手への敬意を表す日本」「スポーツマンシップを見せた」としていました。
原文を読んでいないというか英語は読めないのでわかりませんがこれが賛辞であるならば、日本人として誇らしいです。

 

コメントは受け付けていません。