父の日・母の日

最近は「父の日・母の日」とは言わない風潮になっているんだそうですね。
父親や母親がいない子供がいるから、ということらしいです。
なるほどなと思いますが、昔はそこらへんの機微がまったくなかったということですよね。
でも未だに、自分の生まれに関するルーツを作文にさせるような宿題もあるようです。
代理出産の話題もありましたね。
「産んだ女性が母親」とするなんてどうなんでしょうか。
人による、と思いますね。
子供を産むことが出来ない人、子供は産めるけれど育てる意志のない人。
また、産んだ直後は問題がなくても何年、何十年たって産みの親がかってに名乗り出てきたり。
遺産もからめると決めるべき法律は必要でしょうけれど感情論も関係してきて、複雑ですよね。